販売管理(2ページ目) « ERP.co.jp | オープンソースERP

販売管理(2ページ目)


○受注明細タブ
受注明細タブでは、受注に含まれる製品を1レコードとして表示・設定します。

「受注明細」タブの入力項目
約束日付
この明細の製品を提供する期限の日付です。
明細番号
この明細の番号です。印刷時の表示順を決定します。
製品
この明細の製品です。
料金
この明細が製品ではなく、料金の場合は、この項目を設定します。
個別属性セット
同じ製品名でもサイズや色が違う場合などは、製品に属性をつけて管理します。
説明
この受注伝票の説明です。
数量
この明細で指定した製品の数量です。
価格
この明細で指定した製品の価格です。価格リストで設定しておくと、この項目は自動で設定されます。
プロジェクト
この明細が所属するプロジェクトを任意で指定できます。
キャンペーン
この明細が所属するキャンペーンを任意で指定できます。

製品を入力するには、「製品」の入力欄の右にあるアイコンをクリックしてください。製品情報ウィンドウが表示されます。Enterキーを押すか、ワイルドカードを入力して左下の更新ボタンを押すと、すべてのレコードが表示されます。製品をダブルクリックするとその製品が明細の製品として設定されます。
「製品」の入力欄に検索キーを入力して、Enterキーを押しても製品を選択できます。

選択された製品にインスタンス属性が設定されている場合は、製品を選択した後、属性を選択できます。「個別属性セット」の入力項目の右にあるボタンをクリックしてください。「個別属性セット」ウィンドウが表示されます。ここで属性を選択すると、同じ名前の製品で特定の在庫を指定できます。
例えば、原材料の特定のロット番号などを選択することになります。
「既存のレコードを選択」ボタンで、存在している属性を表示できます。この製品のすべてのロットを表示したい場合は、「すべて表示」チェックボックスをチェックしてください。「すべて表示」をチェックした場合は、保証日付や利用可能数量に関わらずすべてのロットが表示されます。
この製品のインスタンス(特定の在庫)を選択してOKボタンを押してください。
受注明細タブに個別属性セットが設定されます。

受注明細では、製品を選択せずに「リソース割当」を選択することができます。これは特定の経営資源とその利用スケジュールを作成するためのものです。スケジュール情報ウィンドウを表示するには、「リソース割当」項目の右にあるボタンを押してください。
「リソース割当」ウィンドウが表示されます。
資源と日付を選択して、資源利用の開始時間をダブルクリックしてください。
メニューバーの、
表示 > スケジュール情報
を選択してスケジュール情報を表示することもできます。
「リソース割当」ウィンドウの、数量はリソースを利用する時間です。
3を入力すると3時間分が割り当てられます。
任意で名前と説明を入力できます。
入力を終えたらOKボタンを押して受注明細へ戻ってください。
受注明細の「説明」は、「リソース割当」ウィンドウで入力したものに書き換わります。

「説明」の項目には、任意で説明を入力してください。「約束日付」と「注文日付」は、受注タブの値が初期値として設定されます。
明細番号は、この受注伝票内で一意に決まる受注明細の番号です。この番号は明細の表示順にも使われます。
「倉庫」は、製品が在庫されている倉庫またはサービスが提供される場所です。
「数量」の項目では、注文の数量を入力してください。配送数量、予約済数量、請求済数量が状況に応じて表示されます。
「測定単位」は、製品ウィンドウで設定した値が初期値になります。測定単位の変換が製品に設定されれいる場合は、プルダウンで別の測定単位に変更することができます。
適切な測定単位の変換が設定されていれば、測定単位と出荷を別の測定単位にすることができます。

「金額」の部分では、製品単価、定価、税金、割り引き%が、製品の価格リストを基にして設定されます。
これらの項目は、変更可能です。割り引き%の入力は任意です。
「状態」の部分では、明細金額の合計(数量×実際の価格)が税抜きで表示されます。
つまり、明細金額は、数量と実際の価格を基にして計算されます。
その他の料金や税金は含まれません。
受注を印刷する時に、説明文などを表示したい場合は、製品やリソースを選択していない新しい受注明細レコードを追加してください。そのレコードの「説明」に文章を入力するとその文章が表示されます。

○受注税金タブ
選択した受注明細の税金情報を表示するには、受注税金タブをクリックしてください。
受注税金タブは、受注明細に関連付けられた税金を表示します。
「注文」は受注IDを表示します。「税金」は、この受注明細の税金タイプです。
「課税額」は、この受注伝票全体の税金の額を表示します。
「課税基準額」は、税額の計算に使われた基準となる金額を表示します。
複合的な税金を使っている場合は、受注税金タブに1レコードのみが表示されます。受注伝票を完了させると、各明細の税率が計算されます。

受注データが正しいことを確認したら、「受注」タブで伝票を完了させてください。

●前払い注文

前払い注文は、他の伝票タイプとは違った動きをします。この注文は、請求や出荷の前に支払いを確認したい場合に使用します。主にウェブストアでの使用を想定しています。
受注タブの入力項目は、他の受注伝票と同じで、完了したときの動作が異なります。
対象伝票タイプを「前払い注文」にして、「完了」ボタンを押すと、伝票ステータスが草案から「支払い待ち」になります。
支払いが行われるまで、出荷や請求は生成されません。伝票タイプが変更されれば出荷や請求が生成されます。
支払いを注文に関連付ける方法は2つあります。1つは、受注ウィンドウで直接、支払いを作成する方法です。もう1つは、支払いウィンドウで作成した支払いを受注伝票と関連付ける方法です。ここでは、最初の方法を説明します。
2つめの方法については、債権債務管理のマニュアルを参照してください。
支払いを受注から直接作成するには、支払方法ボタンをクリックしてください。
(受注タブの販売担当者の下にあるボタンです)
支払方法ボタンをクリックすると「支払い」ウィンドウが表示されます。「支払い」ウィンドウで「小切手」を選択すると、銀行口座、金額、ルート設定番号、口座番号、小切手番号の入力項目が表示されます。小切手決済をオンラインで行う場合は、「オンライン」ボタンをクリックしてください。
OKボタンを押すと支払いを作成します。
作成された支払いは、
債権債務管理 > 支払いと受取り ウィンドウで見ることが出来ます。
伝票状態が、完了に変わっていることを確認してください。
この処理は、支払い以外に、支払い割当、出荷、顧客請求の伝票を作成します。
受注ウィンドウのツールバーにある「関連するウィンドウを表示」ボタンを押して「支払いと受取り」をクリックすると、支払いを表示します。支払いは、売掛金の入金で、受注と請求を参照します。
売掛金の入金については、債権債務管理のマニュアルを参照してください。
受注ウィンドウの「関連するウィンドウを表示」ボタンで、「出荷(顧客へ)」をクリックすると、出荷を表示します。
出荷伝票は、自動で作成、完了していて、前払い注文に関連付けられています。
出荷についての詳細は、このマニュアルの出荷の項目で説明します。
受注ウィンドウの「関連するウィンドウを表示」ボタンで、「請求(顧客へ)」をクリックすると、請求を表示することも出来ます。
作成された請求は、前払い注文に関連付けられています。伝票状態は完了で、ウィンドウの下にある「支払済み」チェックボックスがチェックされています。

○受注バッチ処理

受注は、バッチ処理を使って一括で伝票状態を変更することもできます。受注バッチ処理を実行するには、
販売管理 > 受注 > 受注バッチ処理 をメニューから選んでください。
歯車のアイコンは、項目がプロセスであることを示しています。
受注バッチ処理をクリックすると、この処理で使われるパラメーターの入力項目が表示されます。「対象伝票タイプ」は、処理を実行する受注の伝票タイプを選択して、処理対象を絞り込みます。
「伝票状態」は、処理対象の伝票状態を絞り込みます。
「取引先」は、処理対象の 取引先 を絞り込みます。
「セルフサービス」は、セルフサービスのチェックボックスがチェックされているかどうかで処理対象の受注を絞り込みます。これは、ウェブで放棄されたショッピングカードを終了させるために使うことが出来ます。
「注文日付」は、注文日付の範囲で処理対象の受注を絞り込みます。
「伝票アクション」は、実行したい伝票アクションを選択してください。
伝票アクションは、伝票タイプと伝票状態にとって実行可能なものである必要があります。
例えば、POS注文は、伝票状態を草案から準備または完了に変更できますが、無効に変更するのは適切ではありません。
OKボタンを押すと処理を開始します。
処理が終わると、更新した伝票の伝票番号が表示されます。

○受注の印刷

ツールバーの印刷ボタンを押すと受注を印刷できます。印刷のフォーマットは、対象伝票タイプによって決定されます。
成績分析 > 会計ルール > 伝票タイプ ウィンドウで、利用するフォーマットを設定できます。
言語と日付の形式は、多言語設定と取引先の言語で決定されます。
例えば、POS注文の場合は、顧客は既に支払いを済ませています。この場合、受注を印刷する必要はありませんが請求を印刷する可能性はあります。
一方で、受注が標準の注文の場合(出荷と請求が行われるので)顧客に送る伝票は、注文確認書です。
印刷プレビューは、ツールバーの設定で指定した場合のみ表示されます。

○要望の作成
Adempiereには、ログインしているユーザーに対して、要望を作成する機能があります。
メインメニューの、取引先関連 > 要望 ウィンドウまたは、メインウィンドウの下の方にある「要望」ボタンをクリックすると、「要望」ウィンドウが開きます。
受注ウィンドウから直接、要望を入力することもできます。また、既に登録されている要望を見ることもできます。このマニュアルでは、要望の表示と、要望の新規追加を説明します。
受注ウィンドウのツールバーで、右から3番目にある「要望」のアイコンをクリックすると、要望ウィンドウが開きます。項目を入力して保存ボタンを押すと、要望のレコードが作成されます。
作成された要望は、「販売担当者」の項目で設定したユーザーでログインすると、メインウィンドウの下の方にある「要望」をクリックしたときに表示されます。

○受注伝票の仕訳処理

受注ウィンドウでは、仕訳処理は発生しません。

○受注伝票の変更

受注伝票を完了させた後でも、伝票アクションで再有効化することにより、受注を修正できます。
再有効化を行うと処理は戻され、受注が編集可能になります。修正を終えたら伝票をもう一度完了させてください。
伝票アクションの「締め切る」を選択すると、伝票は終了します。細かな修正意外は出来なくなります。(例えば、説明、販売担当者などが修正できます) 修正可能な項目があるのはタイプミス等を修正出来るようにするためです。

○見積を他の伝票タイプへ変換

「見積もりを変換」プロセスは、ステータスが「見積」または「提案」の受注伝票を変換して、受注伝票を作成します。「見積」または「提案」のデータはそのまま残りますが任意で伝票を締め切ることもできます。
「見積」、「提案」を変換するには「見積もりを変換」をメインメニューから選択してください。「見積もりを変換」ウィンドウが表示されます。
「受注」プルダウンには、伝票タイプが「見積」または「提案」で伝票状態が「進行中」の受注伝票が表示されます。
プルダウンからレコードを選択してください。
「伝票タイプ」プルダウンでは作成したい伝票タイプを選択してください。
任意で「伝票日付」を入力できます。省略した場合は、ログイン日が伝票日付として使われます。
「開始」ボタンを押すと、処理を開始します。

「見積」または「提案」を締め切りたい場合は、「伝票を閉じる」をチェックしてください。
「見積」または「提案」を締め切ると、「見積もりを変換」プロセスの「受注」プルダウンに表示されなくなるので、別の受注伝票が生成されることがなくなります。
元になった伝票は、受注ウィンドウの伝票アクションボタンで「締め切る」を選択することにより閉じることもできます。
処理が終わるとメッセージが表示されます。
メッセージは作成された受注伝票の番号を表します。伝票は草案として作成されます。作成後は受注ウィンドウで修正が可能です。修正が終わったら伝票を完了してください。

○出荷の生成
受注伝票が完了状態ならば、
販売管理 > 出荷 > 出荷を生成(手動)
または、
販売管理 > 出荷 > 出荷を生成
で出荷伝票を作成することが出来ます。
出荷データを生成するため、受注ウィンドウの「配送ルール」では以下の値の中から配送ルールを選択します。
(取引先ウィンドウの顧客タブで取引先ごとのデフォルトを選択できます)

・マニュアル:このルールを選択すると、出荷伝票は「出荷を生成(手動)」プロセスや「出荷を生成」ウィンドウでは生成されません。「出荷(顧客へ)」ウィンドウで手動で出荷データを作成する必要があります。
・利用可能時(この値がデフォルトです):利用可能な在庫数がAdempiereシステム上にあった場合のみ出荷が生成されます。
・強制:在庫レベルに関係なく出荷が生成されます。(在庫数が足りない場合は、在庫数がマイナスの数値になります。)
・明細完了時:受注明細が完了状態の場合のみ出荷データが生成されます。このルールを選択した場合、部分的な出荷はできません。
・注文完了時:受注が完了状態の場合のみ出荷データが生成されます。
・現金受取後:支払いを受けた受注伝票の場合のみ、出荷伝票が生成されます。

配送ルールで「利用可能時」が選択されていて、利用可能な在庫数が足りない場合は、自動で入荷待ちの状態になります。この状態は、重複した出荷になる可能性があります。

伝票タイプと配送ルールが、自動で出荷を生成しない場合は、出荷伝票はバッチ処理で生成されます。

○請求の生成

「請求ルール」の項目では、下記のルールの中から請求ルールを選択します。
「取引先」ウィンドウの顧客タブで取引先ごとのデフォルトを選択できます。

・即時:請求は、顧客に納品されていなくてもすぐに生成されます。
・注文配送後(この値がデフォルトです):請求は、商品が配送された後に生成されます。
・配送の後の顧客スケジュール:顧客ごとに設定した請求スケジュールに基づいて請求が生成されます。(月1回、毎週など)このルールは、出荷が複数ありスケジュールごとに一度に請求する場合に使います。

請求の生成は、バッチ処理または手動で行います。バッチ処理で行う場合は、条件を設定してください。

ERP