販売管理(1ページ目) « ERP.co.jp | オープンソースERP

販売管理(1ページ目)


1.受注

「受注」ウィンドウでは、顧客からの受注データを登録します。「受注」タブで、取引先(販売先)などの入力を行い、「受注明細」タブで製品や製品の数量などを入力します。「受注」タブの1レコードに対して、複数の「受注明細」が作成できます。
「受注」ウィンドウで作成する受注伝票は、選択した「対象伝票タイプ」によって、処理の流れが変わります。
受注に至る前の「見積」の伝票を作成することも出来ます。「見積」として登録したデータは、「見積もりを変換」プロセスで「受注」伝票へ変換することができます。
また、受注伝票を基にして、出荷や請求の伝票を作成することも出来ます。

受注ウィンドウを表示するには、メインメニューから、
販売管理 > 受注 > 受注
をクリックしてください。

○受注伝票の作成

受注ウィンドウを開くと、その日に作成・更新されたレコードと、伝票ステータスが完了、締切でないレコードが表示されます。
過去のレコードを見るには、ツールバーにある検索ボタンを押して、条件を設定せずにOKボタンを押してください。
新しく受注データを作るには、新規作成ボタンを押してください。

○「受注」タブ
「受注」タブでは、販売先の取引先、伝票タイプ、注文日付などの受注データを入力します。ウィンドウの入力部分が赤くなっている項目は、必須項目です。

「受注」タブの入力項目
伝票番号
この伝票の番号です。
説明
この受注伝票の説明です。
対象伝票タイプ
この受注の伝票タイプです。
注文日付
この受注が注文された日付です。
取引先
受注の取引先です。
倉庫
この受注で指定する製品が保管される倉庫です。
価格リスト
この受注で指定する製品の、価格を設定するときに使われる価格リストを指定します。価格リストによって通貨が決まります。製品の価格は個別に修正することも出来ます。
販売担当者
この受注の販売担当者です。
プロジェクト
この受注が所属するプロジェクトを任意で指定できます。
キャンペーン
この受注が所属するキャンペーンを任意で指定できます。

対象伝票タイプは、作成する伝票のタイプを表します。通常は、「標準の注文」に設定します。受注ウィンドウは、対象伝票タイプによって入力項目が変化します。
「注文日」と「約束日付」は当日が初期値です。
取引先は必須項目で、基本的に顧客の取引先を設定します。(「取引先」ウィンドウで「顧客」チェックボックスをチェックすると、その取引先は顧客になります)
取引先入力欄の右にあるボタンをクリックすると、「取引先情報」ウィンドウが開くので、取引先を選択してください。
取引先を選択すると、請求先取引先、取引先所在地、請求住所、ユーザー/連絡先、請求連絡先、価格リストは、取引先のウィンドウで設定した値に変更されます。

取引先の項目に検索キーを入力すると、その検索キーの取引先が設定されます。検索キーを先頭から入力して1つに絞り込める状態になれば検索キーをすべて入力しなくても、Enterキーを押せば取引先が決定されます。
取引先に複数の住所レコードがある場合は、最初のレコードが使われます。これらの値はプルダウンを選択して切り替えることができます。
また、取引先を選択した後、取引先の項目を右クリックして、「関連情報表示」を選ぶと、「取引先」ウィンドウが開いて、選択した取引先のデータが表示されます。

「通貨」の項目は、この受注で使われる通貨です。通貨は、価格リストによって決まります。
請求ルール、配送ルール、配送手順は、取引先の顧客タブで設定した値が初期値で設定されます。配送手順は、どのように製品が配送されるかを示します。たとえば、配送前に梱包されるかどうか、などです。
優先度は、伝票の重要度(高、中、下)です。これは、「出荷を生成」プロセスで、受注から出荷を作成する時に使われます。製品の利用可能在庫を超えた注文がある場合、優先度が高い注文が最初に出荷されます。
任意で倉庫を選択できます。倉庫は、商品が保存されている場所、サービスが実施された場所です。
販売担当者の項目では、この受注の販売担当者を入力してください。販売担当者は、システムに登録されたユーザーがプルダウンリストに表示されます。
プロジェクト、キャンペーンは任意で入力できます。キャンペーンは、マーケティングプログラムごとに1つ作成されます。プロジェクトは、ひとつのマーケティングキャンペーン(販売活動)に関連付けることができます。
キャンペーンを設定すると、レポート出力でキャンペーンごとのレポートを作成できるようになります。これらの項目は、会計スキーマで設定されている場合のみ表示されます。

「貨物費用ルール」は、送料を計算する方法です。現時点で利用可能な値は「貨物を含む」だけです。送料は、受注明細の1レコードとして受注伝票に追加されます。
「販売担当者」の項目の下にあるボタンは、支払いルールを決定するボタンです。支払いルールと支払い期間のデフォルト値は、取引先の顧客タブで設定した値です。

「セルフサービス」チェックボックスは、システムが管理する項目で、ウェブストアからの注文で使われます。
「割引を印刷」チェックボックスは、印刷時に、割引後の価格ではなく定価と割り引かれた金額の形式で印刷するかどうかを表します。

販売担当者の項目の下にあるボタンは、支払いルールボタンです。
支払い方法に応じて以下の支払いルールを切り替えることが出来ます。
掛取引 – 支払いは、処理中の取引として入力されます
現金 – 現金仕訳帳のデータとして生成されます
クレジットカード – オンラインの支払い処理です
小切手 または 自動決済システム(ACH, Automated Clearing House)

「明細合計」は各明細金額の合計が、受注伝票の通貨で表示されます。
「合計」は税金を含めた金額が、受注伝票の通貨で表示されます。
「伝票状態」は現時点での受注の状態を表します。伝票状態は伝票アクションボタンで変更できます。

「状態」エリアの「明細をコピー」の右にあるのが、伝票アクションボタンです。
受注明細を入力した後に、伝票アクションボタンで受注を処理したり無効にしたりできます。
「無効にする」と「完了する」は、すべての受注伝票タイプで共通のアクションです。「無効」にすると、その受注はそれ以降の処理ができなくなります。
「準備」の処理は、在庫を確保して必要に応じて税金の再計算を行います。受注はアクティブで明細にレコードを追加・修正することができます。

●伝票タイプ
伝票タイプは、事前に8つのタイプが設定されています。伝票タイプは新しく作成することも出来ます。
伝票タイプによって、伝票の状態遷移が異なります。また、伝票タイプは、別の言語を選択してログインすると自動でその言語で表示されます。伝票タイプを見れば、その伝票がどの伝票と関連しているかが分かります。
卸売り、輸出、POSでの販売など、異なった伝票タイプを使った方がよい場合に、状況に応じて伝票タイプを選択することが出来ます。
伝票タイプによって、仕訳のカテゴリーを派生させることも出来ます。この機能は、詳細なレポートを出力するときに使います。

受注ウィンドウには、以下の伝票タイプがあります。
・提案:拘束力の無い提案です。手動で他の伝票タイプに変換することが出来ます。
・見積:拘束力のある提案です。自動で在庫を予約します。他の伝票タイプに変換することが出来ます。
・標準の注文:バッチ処理で生成されます。自動で在庫を予約します。
・出庫指図書:製品は配送指示書と共に梱包されます。この伝票タイプは、自動で出荷または配送指示書を生成します。手動で請求を作成することも出来ます。
・信用注文:在庫は、請求書と共に梱包されます。この伝票タイプでは、自動で出荷と請求を生成できます。支払いを受けたら手動で支払いデータを入力してください。
・POS注文:在庫は、請求と共に梱包され、任意で支払い済みにすることも出来ます。支払い期間も設定できます。この伝票タイプは、出荷と請求を生成します。また、支払い期間によって支払いを生成します。
・前払い注文:出荷前に請求の支払いを受ける場合の伝票タイプです。支払いは、直接受注から作成されるか、または受注は支払いにリンクされます。支払いが行われたら、請求と出荷を自動で生成することができます。
・返却材料:一度出荷した商品が返却された場合に作成します。

伝票アクションボタンで処理を行うと、伝票タイプに応じて異なった処理を実行します。
・見積または提案:伝票を閉じます。再び有効化しない限り、コピーや他の伝票への変更はできません。
・標準の注文:在庫が確保されます。出荷や請求の伝票を生成できます。(配送ルールや請求ルールに基づいて生成されます)
・倉庫注文:出荷が生成されます。在庫が調整されます。請求の伝票が生成できます。(請求ルールに基づいて生成されます)
・信用注文:出荷と請求が生成されます。在庫が調整されます。
・POS注文:出荷と請求が生成されます。在庫が調整されます。支払い方法が現金の場合は、現金仕訳帳のデータが生成されます。

出荷データが自動で生成された場合は、製品の在庫が存在していることを想定しているので、在庫数が調整されます。
システム上の在庫が出荷数よりも少ない場合は、製品在庫の数がマイナスになります。この状態は、「物理在庫」ウィンドウで解消できます。

ERP