在庫管理(補充) « ERP.co.jp | オープンソースERP

在庫管理(補充)


5.補充

補充の機能では、在庫数量が減って、発注が必要な製品を示す機能を提供します。
補充処理の対象として評価される製品は、「在庫済み」である必要があります。(製品ウィンドウで設定できます)
補充対象の製品は、ひとつ以上の「現在の仕入先」を持っていて(製品ウィンドウの購買タブで設定できます)、製品ウィンドウの補充タブにある「補充タイプ」で「最低レベルより下で再注文」または「最大レベルを維持」が選択されている必要があります。
補充元になるのは、仕入先(発注を作成する場合)または倉庫(在庫移動を作成する場合)です。

補充レポートの機能では、補充が必要な製品をリスト表示します。また、レポートで表示された製品に対して、要求伝票、発注伝票、在庫移動伝票を作成することができます。
補充レポートを表示するには、メインメニューから
製品管理 > 補充レポート
をクリックしてください。補充レポートのダイアログウィンドウが表示されます。

「倉庫」を選択すると、製品ウィンドウの補充タブで選択されている倉庫と一致している製品のみを補充レポートの表示対象にします。
「取引先」を選択すると、選択した取引先が「現在の仕入先」になっている製品のみを対象にします。
「作成」は、プルダウンで要求伝票、発注伝票、在庫移動伝票を選択することにより、レポートのデータを使って各伝票を作成します。
「伝票タイプ」は、「作成」で伝票を作成する場合に、その伝票の伝票タイプを指定します。

ウィンドウ右下の開始ボタンを押すと、レポートの処理が実行されます。
レポートには、取引先(現在の仕入先)、最大レベル(数量)、最小レベル(数量)、最低発注数量、手持ち数量、発注済数量、製品、注文数量、補充タイプ、予約済み数量、元の倉庫、倉庫などが表示されます。
注文数量は、補充タイプ、手持ち数量、予約済み数量を基にして計算されます。
受注パック数量と最小発注数量も計算に使用されます。

例えば、「Patio Sun Screen」は、製品ウィンドウの補充タブで「最高レベル」が20、購買タブで、「受注パック数量」が1、「最小発注数量」も1、に設定されています。
「Patio Sun Screen」の手持ち数量が14、予約済数量が2だった場合に、補充レポートの注文数量は8になります。
もし、「受注パック数量」と「最小発注数量」が3だった場合、注文数量は、9になります。

補充レポートを作成するダイアログの「作成」で、伝票を選択しているとレポートの結果に基づいて、選択された伝票が作成されます。
在庫移動伝票は、製品/倉庫の補充ルールが定義されているときにだけ作成できます。

ERP